BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

ジュエリーを知る




バロック様式とジュエリー

バロック様式とジュエリー

宝石の輝きを際立たせる、華やかなジュエリーが誕生したバロック時代。均整のとれた美しさよりも、ドラマチックで装飾性に富んだ美しさが好まれました。

大粒の宝石や、ローズカットダイヤモンドの優雅な煌めき。リボンや花のロマンチックなモチーフが豪華絢爛に輝くバロック様式のジュエリーは、まさにお姫様のジュエリーといった趣です。

 

ボウ・ペンダントネックレス 1700年頃

バロック様式とは

「バロック」という言葉は「ゆがんだ真珠」を意味するポルトガル語、バロコに由来するといわれています。16世紀末のイタリアに始まり、18世紀前半までのヨーロッパで栄えた様式であり、建築や絵画、音楽などあらゆる分野に広がっていきました。

イタリアから広まったバロック様式ですが、バロック後期にはフランスが文化の中心となっていました。

バロックとルネサンスの違いとは

ルネサンスもバロックも古代ローマやギリシャをモチーフにしていますが、ルネサンスは均整のとれた静的な造形であり、バロックは均整を破る動的な造形、うねりや曲線を使った、もっと自由なデザインが特徴です。

調和と完全な美を目指したルネサンスに対して、バロックでは完全な美よりも誇張した表現が、調和よりダイナミックで変化に富んだ表現が好まれました。

豪華でダイナミック、ドラマティックに表現された美しさがバロック様式なのです。

バロック様式、誕生の背景

バロック様式の背景となったのは、16世紀に始まった宗教改革です。カトリックに対抗する形でプロテスタントが台頭してくると、巻き返しを図ったカトリック教会は、建築や絵画の豪華さでその権威を強調したのです。金の彫刻やパイプオルガンなどを設置して、豪華で荘厳な教会をアピールしたことが、当時の芸術様式に影響を与えました。

もう一つの背景は絶対王政です。国王権力を誇示するために豪華絢爛な建築物が数多く登場します。それを代表するのが太陽王ルイ14世によって、17世紀に造営されたヴェルサイユ宮殿です。

バロック時代の芸術にはカトリック美術や、絶対王権による宮廷文化の影響が見られます。

バロック建築とは

バロック建築の特徴は、建物だけでなく彫刻や絵画、家具なども含めた、空間全体が総合芸術となっている事です。過剰なまでの装飾と、数多くの彫刻によって威厳と重厚感を表現した建築様式です。建築家だけでなく様々な専門家を必要とするため、権力と財力が必要とされました。

反宗教改革によって、多くの人を取り込みたいカトリック教会と、権力を誇示したい君主や貴族という時代背景があってこそ広まった建築といえるでしょう。

有名なものでは、ヴェルサイユ宮殿の他に、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂、イタリア、ローマのトレヴィの泉やスペイン階段などがあります。

 

ジランドル・パリュール 18世紀後半

バロック様式のジュエリー

バロック期に入ると、今まで男性のものだったジュエリーが、次第に女性のものへと変化していきます。女性の服装が胸元の大きく開いた柔らかい素材のドレスになり、髪の毛が上に大きく結い上げられるようになったことで、新しいジュエリーが登場します。

ジランドルと呼ばれる大きなイヤリングや、髪飾り。胸元からウエストにかけてを飾るセヴィニェと呼ばれる大きなブローチ。これらのジュエリーはリボンなどのモチーフに真珠やダイヤモンドを下げた華やかなものでした。リボンのモチーフは特に17世紀に流行し、愛する人との縁を結ぶものであり、家族の愛を表現するものでした。

またルネサンス時代に多く見られたエナメル細工がだんだんと影を潜め、宝石の輝きそのものを生かすようになっていきます。これには16世紀後半から宝石の研磨技術が大きく進化したことが影響しています。バロック時代には特にダイヤモンドやルビー、エメラルドが人気を集めました。当時のダイヤモンドはローズカットが主流であり、多くはシルバー製の台座にセットされました。

バロック時代に入る頃から君主や貴族たちはますます、宝石という富を通して権力を誇示するようになります。17世紀の前半には裕福な外見をめぐっての競争が激しくなりました。
ルイ13世はたびたび、ジュエリーなどの過剰な見せびらかしを戒める勅令を出す必要がありました。国王は貴族よりも裕福な外見でいる必要があったからです。このような流行によって大きな宝石はどんどん枯渇していったのです。

(デザイナー 本橋)

ジュエリーの写真2点:「煌めきのダイヤモンド ヨーロッパの宝飾400年展」図録より

 
ファッションでたどる マリー・アントワネットの生涯

かつての帝政ロシア首都、サンクトペテルブルク。250年の歳月が作り上げたエルミタージュコレクション

19世紀末アール・ヌーボーの華 アルフォンス・ミュシャってどんな人?

Facebookコメントはこちら

ベーネベーネの人気記事