只今ご注文は新しくお作りし、発送は10月13日予定(一部除く)です。 お急ぎの場合はお気軽にお問い合せ下さい





いらっしゃいませ ゲストさん

トップページへ > ルース > モンテブラサイト/クリノヒューマイト/ベニトアイト/アウイナイト/リジコタイトトルマリン/銀座サロン販売ルースお買い物かご※こちらのルースを使用してのカスタマイズもお受けできます。






モンテブラサイト/クリノヒューマイト/ベニトアイト/アウイナイト/リジコタイトトルマリン/銀座サロン販売ルースお買い物かご※こちらのルースを使用してのカスタマイズもお受けできます。

ルース フルオーダー セミオーダー カスタム

モンテブラサイト/クリノヒューマイト/ベニトアイト/アウイナイト/リジコタイトトルマリン/
銀座サロン販売ルースお買い物かご

※こちらのルースを使用してのカスタマイズもお受けできます。

商品番号 2000

25,000円(+税:2,500円)

本店会員価格23,750円(+税:2,375円)

オフィシャルポイント【238】贈呈

梱包はこちら
宝石をお選びください

↑↓どちらもお手数ですがお選びください
宝石は?  
No.1モンテブラサイト
No.2クリノヒューマイト
No.3ベニトアイト
No.4アウイナイト
No.5リジコタイトトルマリン
No.6リジコタイトトルマリン
数量

入荷のお知らせをご希望する

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

「稀少石=レアストーン」


宝石としての必須条件は何よりその外観が美しいこと、次に希にしか産しないこと(希少性)であるが、第三の重要な条件として、耐久性、とりわけ硬度が高いことが挙げられます。
稀少性は一つの要素ではありますが、稀少性だけでは宝石とはいいがたいのです。
そこには一定の美しさと耐久性が存在しなくてはなりません。
この宝石の条件のなかでも稀少性がずば抜けているものが「稀少石=レアストーン」と呼ばれています。
ツーソンからルースを買い付けるDバイヤーコレクションからセレクトした稀少石、 今回はベニトアイト筆頭に6ピース。
稀少石コレクターの方、お待たせいたしました。モンテブラサイト登場です!




【モンテブラサイト】


モンテブラサイトは、宝石品質の原石が見つかることが極めて稀で、未だに謎多き宝石と呼ばれています。 透明度の高い宝石質の原石がなく、稀に発見されても小粒。 けれど、今回ご紹介する1ピースは7.9×11.2ミリ  3.318CT! ミントグリーン、パライバブルーが透明感を伴って融合したかのような発色。 宝石貴金属協会ソーティングメモ付きです。

【クリノヒューマイト】


コンドロライトと同じヒューマイトグループの稀少石。 宝石品質のものが産出されることは極めて稀。 さらに結晶は小さく、インクルージョンも多く、透明度の高いピースを手にすることは極めてまれです。 にもかかわらず、この1ピースは、透明感に満ち溢れ、 マンダリンオレンジを思わせるこっくりとしたゴールデンオレンジで発色する驚きの1ピースです。

【ベニトアイト】


ベニトアイトは1906年に発見された、世界でもアメリカの一ヶ所でしか産出しない稀少石です。 ベニトアイトの名称は、唯一の産地となるアメリカ合衆国カリフォルニア州サンベニト鉱山から由来しています。 産地が一ヶ所に限られている為、世界の宝石市場に供給される絶対数が大変に少ない宝石です。 また商業的な採掘はすでに終了しているため、実質、閉山している状態です。 その中でもこの虹色煌く1ピース。 ぎらりぎらりとベニトアイト特有の強い輝きを放ちながら、見る角度によって、青、紫、白が強く放たれます。 さらに、4.3ミリ×4.3ミリのパーフェクトなプロポーション! 美しい!!

【アウイナイト】


紀元前から宝飾品として使われてきた宝石は非常に少なく、その一つにラピスラズリがあります。 その伝統ある宝石の一つであるラピスラズリの構成鉱物の一つにアウイナイトがあります。 ラピスラズリの最も美しい色の主因とされるアウイナイトはアウィンとも呼ばれ、これはかつての著名な鉱物学者のHauy氏に因んで命名されました。 ラピスラズリがアフガニスタンが主要産地にもかかわらず、アウイナイトはなんと先進国ドイツで産出します。 しかも宝石加工産地で有名なイーダーオーベルシュタイン市のすぐ近く、アイフェル鉱山が主な産出地になります。 これも何かの因果であるかのように、この宝石は硬度が低いため非常に研磨が難しく、ドイツの最新の研磨技術を持ってして初めて磨く事ができました。 この希少なアウイナイトは内包物のせいで透明度が低いものが多いのですが、この1ピースのなんと冴え冴えと青いこと!。 透明感に満ち溢れ、さらに蛍光を持ち、ブラックライトでカラーチェンジ!! ルースの底から沸き上がる新星誕生のようなまばゆい光。 圧巻です

【リジコタイトトルマリン】


普段グリーントルマリン、ピンクトルマリンなど、色の区別くらいしかしないトルマリンですが、実はトルマリンの中でも数種類に分かれます。 このルースはそのなかでリジコタイトと呼ばれる種類のものです。 ソーティングには通常照射処理と出ますが、この石は原石からカットしたものなので無処理。 バイヤーD氏が、数十年前に鉱山主から原石を買い付け、カットしたものを今回ゆずっていただいた逸品。 深みのある紫をおびたピンクの中からワインレッドやオレンジを含んだ光が姿を現します。 日独宝石研究所ソーティング付

 

Copyright (C)2011 BeneBene All Rights Reserved.